阿蘇の「花野」は
貴重な生き物たちの世界。


万葉の昔から和歌に詠まれ、俳句の秋の季語でもある「花野」は秋の野辺。ススキの穂が波打つ草原に、秋の七草をはじめとする可憐な植物たちが咲き誇る世界です。
阿蘇は、我が国でも貴重な「花野」の里。秋にはオミナエシやカワラナデシコ、ヤマハギ、キキョウ、ヤツシロソウ、ヒゴタイ、ツクシトラノオなど、春から初夏にかけてはハナシノブやツクシマツモト、ケルリソウ、ツクシクガイソウ、タマボウキなど、阿蘇でしか見ることのできないたいへん希少な植物たちが自生しています。そして、植物だけではなく、ヒメシロチョウやオオルリシジミ、ゴマシジミなどの蝶の仲間や、コジュリンやホオアカなどの鳥たちも、阿蘇の「花野」を生息地としているのです。
●ここで挙げた植物の多くが絶滅危惧種です。環境省のまとめによれば、50種類以上の野の花が絶滅の危機にあります。


しかし、阿蘇の「花野」が
絶滅の危機を迎えています。


「花野」はかつて、阿蘇では当たり前の風景でした。農耕牛を育てるために、春から夏場は「朝草刈り」、秋になると「刈り干し切り」をして飼料を確保し、この採草の繰り返しによって「花野」は維持されてきたのです。
しかし、昭和40年代、農業の機械化や化学肥料の利用、畜産業の低迷などによって、草原の存在そのものが危うくなるに至りました。草原が失われていくことで、阿蘇の野の花は生きるための場所を失い絶滅の危機に追い込まれています。阿蘇の地で何万年と生き続けてきた多くの野の花が、今まさに姿を消そうとしています。
●農家の減少、放棄地の増加、植林などによって採草地は激減しており、この10年間で半分ほどになっています。

「花野」を守るため、
今、私たちにできること。


阿蘇では広く放牧が行われ、春には大がかりに野焼きが行われています。このため、野の花たちの生育地も守られていると思っている人が多いようです。しかし、放牧地では伸びてくる草は次から次へと食べられてしまい、花を咲かせることはできません。また、野焼きだけを繰り返すと、ススキだけが茂った「茅野」になってしまい、ススキ以外の植物は下に埋もれて細々と生きるしかありません。「花野」は、採草が繰り返し行われ、適度にススキを押さえることが必要なのです。
NPO法人「阿蘇花野協会」は、ナショナルトラスト方式によって「草刈り」や「草集め」など昔ながらの草原の利用を行い、貴重な財産「花野」を再生・保全する活動を進めます。そして、絶滅が危惧される阿蘇の動植物を未来へと引き継いでいきます。
●ナショナルトラストとは、市民が募金で土地を買い取ったり、土地所有者から寄贈を受けたりして土地を保有し、保全、管理、再生を行い、あるべき姿を後世に残そうという運動です。1895年に英国で設立された民間非営利団体「ザ・ナショナル・トラスト」が始まりだと言われています。